海外FX ブローカーを使うメリットなしって本当?

海外FXブローカーのメリットがハイレバ取引対応なら、デメリットは何だと思いますか? ある程度のFX知識があると、”税金”と答えると思います。海外FXの方が、税金負担が高く不利だからです。この税金面やスプレッド広さなどで、海外FXブローカーに対し否定的な論調もあるので、今回は反論も含めた自論を展開させて頂きます。

●貧しき者にチャンス与える→海外FXブローカー

FX業界とは、大きく分類すると、国内組と海外組に分けられます。

 ・国内組…GMOクリック証券、みんなのFX、ヒロセ通商、IG証券…等々

 ・海外組…XM、AXIORY、iForex、HotForex…等々

どちらも良し悪しがありますが、これらはライバル関係でもあるので、片方に対して批判・非難めいたものがあるのは当然です。国内FXブローカーからしたら、一人でも多く口座開設をして取引をしてもらいたいので、逆もしかりです。

FXを語る際にギャンブル性やリスクを過剰に危険視する声もありますが、これは本来論外で無意味です。口座開設できるのは大人なので、ある程度のリスクは承知で取引をしています。それなら、街中のパチンコや競馬競艇に麻雀、さらに車運転やコンビニのカッターや100円ショップの包丁すら危険であり、制限が必要になります。

国内FXブローカーが最大レバレッジ25倍に対し、海外FXブローカーはある意味で自由に決められるので、最大3000倍というものも存在するほどです。この点だけでも、FXとは少額資金で大金を稼げる可能性があったにも関わらず、国内ブローカーを使っている時点ではほぼ不可能です。そこから、この様に考えられます。

 ・投資資金が潤沢…国内FXブローカー向き

 ・投資資金が不足…海外FXブローカー向き

しかし、ここでも疑問があり、投資資金が潤沢なら国内FXに拘らず、株や投資信託、または土地など他の投資も安定性して小リスクでリターンを得る期待が高いです。ですから、FXを勧めながらも、国内FXを良しとして海外FXを否定するのは論理が破綻します。

 ・安定的だがリターン少ない投資…国内FX、株、金、投資信託、土地…等々

 ・変動激しいがリターン大きい投資…海外FX、海外CFD

同じ証拠金取引なFXなので、国内FXと海外FXは同列で語られますが、本来はまったく違う投資商品だと理解すべきです。大体、レバレッジが片や最大25倍、片や最大3000倍もありえる商品を同じで語るのは、おかしいのです。ですから、税金やスプレッドの違いなどは当然で、それを考慮しても海外FXブローカーを使う旨みは存分にあります。

●海外FXブローカーの税金は不利なのか?

「海外FX・税金」と検索をすれば一目瞭然ですが、国内FXと海外FXでは税金制度が違います。日本国内なので税制上、国内FXが低く、海外FXは高くなっています。

 ・国内FX(株、先物なども)…所得税+住民税+復興特別所得税で一律20.315%

 ・海外FX(仮想通貨含む)…総合課税の累進課税で最大55%

他の投資利益や仕事がサラリーマン、又は自営業や無職などで条件が違ってきますが、サラリーマンなら年間20万以上の利益の場合で税金支払いが発生します。すると、仮に1億円を儲けたら、国内FXは約2000万に対し海外FXは約5500万円も税金となるので、国内FXが有利でお得となるのです。

しかし、物事はそんなに単純なのでしょうか?

まず、国内FXブローカーで余裕資金が少ない個人投資家が使って年間1億円も利益を上げるのは、ほぼ100%不可能です。スキャルピングを駆使して、一日安定して10~20pipsを獲得し利益を重ね、証拠金が増える度にポジションを多くする複利戦略を使えば、机上の空論として可能ですが、実現は限りなくゼロに近いです。

FX系のブログやYouTubeでは億万長者が多いと勘違いしやすいですが、彼らも税金については投稿をしません。理由は簡単で、実際は儲けていないから納税証明書など証拠提示が出来ないからで、自ら儲かっていると吹聴しかできません。本当に儲けている人は、声高に儲かったと主張するのが面倒なのでそんな事をしないのです。

それから、国内FXと海外FXでは税金が最大で約2.75倍の開きがありますが、レバレッジの差を考慮するなら、低く見積もっても数十倍も海外FXがお得です。要するに、税金デメリットを埋めるほど海外FXは投資として魅力があります。税金が多く支払う可能性はあるが、少額で大金を稼げる可能性も海外FXの方が遥かに高いのです。

まとめると、FXに興味はあるが少額資金しか用意できない、又は一攫千金を狙いたい、FXの才能があると自負している等の人は、絶対に海外FXの方が良いです。相場環境などが味方をしてくれれば、短期間での億万長者も可能で、これは国内FXブローカーでは困難です。そして、数千万や数億など個人の目標額しだいですが、その後は国内FXや株取引なども併用するのが、望ましい個人投資家の姿ではと思います。

最後に、海外FXのブローカーを否定するのは単なる反対意見で、投資金・証拠金が少ない個人投資家にとって使用するメリットは大いにあると結論付けられます。…